スポンサーサイト  
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  test  
2010.11.28.Sun / 20:43 
test
スポンサーサイト
No.279 / 未分類 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  この街に雪が降る  
2008.06.28.Sat / 04:10 
2008年02月18日
雪が降った。

山口に来て驚いたのは、こんなにも雪が降るということ。
そしてすぐ積もる。
これでも少なくなったとはいうけど数センチも積もるなんて
南の方で育ったあたしにはまったく別世界の光景。

雪が降る音っていうのを初めて知った。
目の前が真っ白になる光景を初めて見た。

初めてこの街に住むのが決まったときも、
雪が降ったような気がする。一瞬だったけど。

この雪にもいつか、少しずつ慣れていくんだろうか。
この雪にいくつもの思い出が重なって、大事ないろんな意味を持つようになるんだろうか。

時間が経っても、初めて雪を見るような気持ちは忘れないでいたいな。



Posted by ☆おがっち☆ at 01:49 │Comments(0) │TrackBack(0)
2008年02月15日
7時のNHKニュースみた方います??今日のニュース。
終わりが滋賀県彦根市のキャラクター「ひこにゃん」がバレンタインチョコを貰ったという話題だったんだけど、
男性アナウンサーのテンションが異例の高さだったんですよ。

極め付けは最後の一言

「よかったねぇぇ、ひこにゃん!!」

妙な明るさがかなりツボでした…!!!

Youtubeとかで見られないかなあ〜あれは保存版だよ…

誰かあの感動を分かち合えるひとはいないだろうか…笑


あ、私の方は上司、先輩に恥ずかしながらチョコあげて、なかなか楽しい気分になれました♪
厳しいけどなんだかんだいって良い職場なのかもです。


Posted by ☆おがっち☆ at 00:01 │Comments(4) │TrackBack(0)
あの~~~、ウチには義理チョコが来てませんが(T▽T)・・・(冗)
それはさておき、4年前のプロ野球が10球団に縮小する騒動があった時、
先行したいたLDホリエもんを後発のRTミッキーが捲くったのは
実際は会社の内容にも問題がありましたが、
それよりも社会人としての処世術の差だと言われています。
地道に築く人脈こそライターの生命線!
どうか頑張って仕事に励んでください(*^▽^*)ノ
Posted by ギャラリーナカノ at 2008年02月15日 11:29
あったwww
さすが2ちゃん。

http://live23.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1202985049/
Posted by おがっち at 2008年02月15日 22:14
ニュース7見らんかったけどひとみの文面だけでおかしくて笑っちゃったよw
私は14日の夜までバレンタインというものをすっかり忘れてました・・・。
Posted by なっち at 2008年02月16日 00:13
ナカノさま☆

お疲れ様です〜!例の件はいろいろ大変だとは思いますが、子供たちの活動応援してますのでまたよろしくお願いします♪
ともあれみんな楽しんでたようでなによりでした♪

なっち☆☆

めっちゃ久しぶりやーん!!
いやぁ笑ってしまったよ、ぜひネットで探してちょ笑
バレンタインの夜に気付いたあとはなんかあったのかい!?笑 また近況でも話したいね〜♪
Posted by おがっち at 2008年02月17日 02:51
No.278 / 未分類 /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
2008.06.28.Sat / 04:08 
2008年02月28日
長い間中断してた読書を最近また開始した。
山口の本屋さんはなんでラインナップ、規模があまり充実してないか納得……図書館がすごすぎるもの。

気になっていた一冊は「神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く」。

フリーライターの石井光太さんがイスラム圏の「性」について、現地の底辺(と思われる)の生活にとけ込みながら調査する。

話は短編物語のような書き方で、読みやすい。あまりにも読みやすいが故にどこまで本当なの?という声が多いそう。確かにわかる。しかし、本当のこととは何か。「真実」にたどり着くまでには多くのフィルターがある。例えば何か出来事があったとすると、当事者も誤解したり、記憶が曖昧になったりしていることもある。そんなフィルターのかかった話をさらに通訳に話し(ちなみに著者は現地語から英語に通訳してもらうインタビュー手法をとる)、通訳というフィルターを通って著者に伝わり、著者のフィルターを通って文字になり、さらに第三者の編集者に渡って……という風に考えると、その距離はかなりのもの。それは必然的なことで、要は著者が何を言いたいかということなのだ。著者はその辺を割り切っていて、「切り貼りしていくのも真実」というように答えていた(ように感じた。誤解なきよう著者HPで本人のコメントを読んでください)。

 個人的な感想を述べると、気になったのはすべて同じこの構造。
虐げられている人たちのイメージや仮定を持ち、助けたいと思って調べる→勇気ある、親切な彼らの行動に感銘→「そうだったのか、彼らにとっては○○(一夫多妻とか習慣など)はこういうことなんだ」と気付いて反省する。
 先の話と共通するんだけど、彼らはこういう意図でこういう習慣を続けている、こういう行動を取った、って、そうそう言い切れないと思うんだよねー。それは取材が浅いからではなく、さっき言ったようなフィルターがあるから。著者自身、深く取材をしている自負はあるのだろうけど、結局分からないこともたくさんあるのが自然だと思う。あえて書いていないのかもしれないけど、もっと悩む場面はないのかなと思った訳です。

 それにしても、まだまだ知らない世界はたくさんある。遠い国から帰ってきた旅人を迎えたら、次々にこんな面白い話がたくさん聞けた。そんな感じで読みたい本。これからの作品も楽しみ。

著者HP http://www.kotaism.com/


Posted by ☆おがっち☆ at 21:32 │Comments(0) │TrackBack(0)
2008年02月24日
いのちの食べかた今週末は有意義に過ごすことが出来た。

山口情報芸術センターで映画を鑑賞。
「いのちの食べかた」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

肉、卵、野菜・・・ひたすら食べ物ができるまでを映す映像。
ナレーションも、インタビューも何もない。
まさに現場に居合わせただけ、という状況を疑似体験できる。
食肉処理や、牛の帝王切開などショッキングな映像もあり、
軽々しく勧められる映画では、正直ない。
終わるときにはシアター内はなんともいえない重い空気に包まれていた・・・

日ごろ食べているものがどうやってできているか分かっているのか?

いろいろな感じ方が出来る映画で、コアなメッセージはそれに尽きるのではないか。

「殺すのは嫌だ、かわいそうだ」といくら言っても、
食べなければならない、生きていかなければならない。

きれい事は嫌いだけど、
どうしたらもっと生き物たちと近くなれる?あるべき姿でいのちをいただくことが出来る?

単なる印象なのを断っておくが、映像に出てきた工場のような食の現場は
とても暴力的に感じた。
たくさんの人の食糧を生産しなければならないのだから、効率的に仕事を進めなければいけないのは
当然だし、いちいち命が、とか生き物が、とか考えていられないのもわかる。

でもこれだけ、生産者と消費者が遠くなり、消費者の関心が食品や生産者に払われにくくなった最近だからこそ、
気持ちとか思いっていうのを大事にしたいと思う。きれいごとではなくて。

食べ物はそれそのものの質も大事なんだけど、やはりいただいて幸せを感じるのは気持ちがこもっているものだと思うんだよね。
結局食べ物を通した人と人の関係だから。
丁寧に淹れられた一杯のコーヒーとか。そしてそれがフェアトレードだったら、もっと幸せだなぁとか。
そういう思いをはせるゆとりを持ったライフスタイルを目指したいものです。





Posted by ☆おがっち☆ at 15:49 │Comments(7) │TrackBack(0)
これ話題になってるよね。。

山口に住んでる友達が一緒にこれ書いてかたらびっくりした!

私もみよう。
Posted by じゃすみん at 2008年02月24日 19:40
じゃすみん☆

いつも日記楽しみに読んでるよ!!
22~24日の限定上映だったからね。ぜひとも誰かと語り合いたくなる内容だった。それって発信する者にとってかなり大事なことかもね。
Posted by おがっち at 2008年02月24日 20:32
当時、母校は曹洞宗が運営していたためにいろいろな教えを学び、
中でも食事の前に唱えられる「五観の偈(ごかんのげ)」にある2つ目の偈文
「二には己が徳行の全欠を忖つて供に応ず」は
「この食事を頂くにあたって自分の行いが
相応しいものであるかどうかを反省します」
という内容だけに心に深く残っています。
それと同じようにこの映画も我々が食べることへの想いを
あらためるには良いものなのでしょうね。
Posted by ギャラリーナカノ at 2008年02月24日 22:39
YCAM行きたいんだよなー
Posted by Xin at 2008年02月26日 01:22
ナカノさま

良い言葉ですね!!壁に張りたい。
子供のときにそういった教育を受けるって大事ですね。
昨今の道徳問題とは別にして。


Xin

お〜きなよきなよ〜☆
山口の公共施設はかなりすごいよ。YCAMも東京に負けてないよ♪
Posted by おがっち at 2008年02月27日 00:52
おおー。ちょっと気になっちゃうなー。
食についてのドキュメントって考えさせられるわー。
イギリスの学校給食革命をするドキュメント番組をDVDで借りてみたんだけど、イギリスの食育は凄まじくひどかったね。
僕は、「日本って恵まれてるわー」って感じたよ。

おがっちの見たドキュメント映画を見て、
「おえっ!気持ちわるぅー!」
ってなってしまったら、食への感謝って薄いのかなーってふと頭をよぎりました。
おいらの田舎のばあちゃんが見たら
「あんなん当たり前っちゃ!」
って良いそうだなー。
サバイバルなキャンプをしたりすると命の食べ方が変わりそうだね。
Posted by yuichi at 2008年02月28日 17:48
yuichiさんありがとうございます☆

DVDレンタルってそういうのもそろえているんですね~!
イギリスの食育ってどんなんだったんですか?

確かに現場を見たことのない人にとってはショッキングな物に違いないんだろうけど、自分が食べていると思えば目をそらしちゃいけないと思いますね。
でも映画を見ても、普段の生活の中では記憶はだんだん薄れていってしまうから、食事の度ごとに思い出すようなゆとりが必要だと思います。
Posted by おがっち at 2008年02月28日 21:39
No.277 / 未分類 /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
2008.06.28.Sat / 04:06 
2008年03月03日
いろいろ根拠のないモノを信じてた。のに。
根拠なんてないから、何にも信じなくなってた。

信じることは、期待することで、
期待することは、何か裏切られることで、

それでもやっぱり信じたくて信じてしまうのが人の切なさで。
見返りを求めなくても幸せなのが人のいじらしいところで。

期待すればするほど裏切られるのは怖いよ。

でも信じてるときって、無条件に楽しくて、多分生き生きしていて、
プラシーボ効果って片づけられない力を生むんだな。

また、信じたいんだ。
世界も人も自分ももっと信じたいんだ。

オハヨウ!!



Posted by ☆おがっち☆ at 07:36 │Comments(4) │TrackBack(0)
2008年03月03日
春待ち昨日今日の空気、やっぱり冷たいんだけど確実に違う。

春、かぁ。

春の空気って、成分がなんだか違う気がする。
ついにやってくるんだ。

去年の春、何が待ってるか分からないまま、黄色い列車に揺られて山口に降り立って。

この1年、めちゃめちゃ長かったなぁ~・・・
体感速度としては史上最高に早すぎたけど、思い返すとやっぱりいろんなことあって長すぎた~~。


***


こないだのお休みは、自然のあるところにいきました。

しっとりとした土にふと触れた瞬間、何かを感じた。

違うね~

子供のころに山とかに出かけて遊んだ思い出がよみがえるのかな?
DNAの野生が呼び戻されるのか?笑

なんか、とっても安心したのです。

たまには、ほんとの自然に触れる時間を作らなきゃねー。

とりあえず、春になったらベランダのガーデンと、室内の観葉植物を整備します♪
3月くらいから花屋さんのラインナップも増えてくるから楽しみ

気持ちも、環境も、春を迎える準備をしなくてはねー


いろいろな思い出を振り返りながら春の土手で聴きたい「superfly”愛をこめて花束を”」。
著作権の関係から、ご紹介にとどめておきます。でもお気に入りなの~


Posted by ☆おがっち☆ at 01:37 │Comments(0) │TrackBack(0)

おはようございます(*^∇゜)ノ
ところで、私は虎ファンですから7年前までは「暗黒時代」と言われて、勝てないチームを応援していましたが、子どもの頃から虎を応援するのは生活だったので、特に苦痛ということもなく、むしろその中にある「勝てなっかったけど、新庄のホームランが良かった」などの小さな幸せを大切にしながら見守っていました。だけど、近年強くなったからの方が勝てないことに苦痛を感じ、不思議なものでストレスになることが増え、まあ、要するに「もっと、勝てるはず」というような贅沢な気持ちが生まれたからでしょうね。
ちなみにこんなもどかしい気持ちはミスチルの「くるみ」の歌詞に表現されていて、

希望の数ほど、失望が増える
それでも明日に胸は震える

「どんな事が起こるんだろう?」

想像してみるんだよ♪♪

と、前に進む勇気は好奇心へとつながりますから
立ち止まることもあっても自分の人生を信じていきましょう!!!
Posted by ギャラリーナカノ at 2008年03月03日 10:21
ナカノさまいつもありがとうございます。
お返事遅れてすみません><

人生はもどかしいものかもしれないですね。
少し大人になって、傷つくのが分かってむやみに期待しなくなって、
でももっと大人になるとそれを分かっても期待するのかな、なんて思います。
ミスチルは心にしみますねぇ~
Posted by おがっち at 2008年03月10日 17:55
うん!!

世界も自分も信じる!!

でないと・・・やってらんないねぇーーー!!!
Posted by はぁちゃん at 2008年03月18日 20:17
>はぁちゃん

おへんじおくれましたっ!!!

勢いで生きても一生懸命ならきっと後悔はしないはず!!
Posted by おがっち at 2008年03月29日 02:38
No.276 / 未分類 /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
  空気は読めるんです  
2008.06.28.Sat / 04:04 
2008年03月20日
春の空気。

山口は春が一番いい。
椹野(ふしの)川がうすくかすんで、土が豊かさをたたえてる。

山口の町をタクシーから眺め、一年前みたいに新幹線のホームにたち、自分の足元を見返す。
まだ冷たい風に吹かれて手に持った花束のユリが香る。

また始まる。

目標は、愛のある丁寧な生活、そして残していく「仕事」(広義)。

ロマンチシズムに酔いしれつつ、今から九州帰ります。

ほんとは人生初の二日酔いというものに襲われているのは秘密です。


Posted by ☆おがっち☆ at 10:07 │Comments(0) │TrackBack(0)
2008年03月08日
使い古された言葉を噛み締める三月諸行無常、とか。
だから一期一会、とか。
やっぱり真理だから使い古されてもなくならないんだね。

何か全部夢なんじゃないかと思ってしまうくらい本当に予期せぬいろんなことが起こります。
(ある意味ドラマチックな人生か……)

「今」に慣れてずっと続いていくもんだって錯覚してたけど、自分は変わらずに暮らしてても、周りの人は動いてく。そんなたくさんの人がつくる環境も世界も当然常に変わっていく。

多分人生って、思った以上に短くてはかない。

感謝。これが足りなかった。
長い道のりを経て、ここに来て、本当に大事だと思える出会いができたことに感謝したい。
それだけでも、生きてる意味はあるし、すばらしい経験ができてたんだ。
そんなことや今出会う人、今この一瞬、今の自分を素直に肯定したい。
感謝ができれば、素直に肯定もできる気がするのだ。

当たり前すぎて、ベタすぎて口にも出さなかった言葉も、どんどん語っていきたいと思う。
まだまだ伝え切れてないことがたくさんある。

いつだって今からスタートできるはずだ。

ほんとにこの世界は激動だからね。3月はきっとそういうことより実感するんだろうね。

この前はいっぱいお互いの近況報告できてよかったね。
2年目もがんばろうね
Posted by ひろえ at 2008年03月10日 00:06
ひろえちゃん☆

こないだはありがとう♪ほんとはなせてよかったよ。
年々もっと早くなるだろうね~これからもよろしく!!

会えるの楽しみにしてる!
Posted by おがっち at 2008年03月10日 18:09

No.275 / 未分類 /  comments(1)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△

プロフィール

hitomi

Author:hitomi
突然ですがチェック!!
1□ 身につけているのに、「ない」っていって一生懸命探す
2□ 知らないところに行くときは必ず道を間違う
3□ そんなつもりはないのにわりと物を壊す
4□ 人の名前と顔を覚えきれない
5□ 友達が後ろにいると思って話しかけたら違う人
6□ 登校したら休講
7□ 自転車をどこに止めたか分からなくなる
8□ 手を振られて振り返したら人違い
9□ ギャグがすべる
10□ それでも前向きに生きていける

5コ以上丸のついた方は痴呆・・・いや、私と仲良くなれるはず!!(笑)え、私は10個ですがナニカ?(・∀・)

ブログ内検索

CopyRight 2006 全ては思いつき。 All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。